DSCF7412.jpg

​クラウドファンディング専門の動画・写真撮影いたします。

Material Photography

​クラウドファンディングには

クラファン に特化したカメラマンが必要です

​クラウドファンディングでは、手にとらなくても商品の魅力や特徴的な機能を、写真や動画を使って直感的に届けることが重要です。

ウェブ上で10秒もかけずに支援をするかを決める消費者に、一瞬でサイズ感や機能、そして何より商品の持つ個性を漏らさず伝えるのは、一般的なカメラマンに求められる技術とはかなり違ってきます。クラウドファンディングの動画と写真に必要な要点を抑え、それに特化した技術が必要です。

​写真と動画でも50万円以下で作成が可能

トップ画に、機能を紹介する写真、生活の中での雰囲気ショットのほか、トップ写真の撮影やロゴ・文字入れ、寸法が入ったサイズ写真など、一重に写真と言っても様々な写真が必要になりまりますが、モデル撮影ありで、それらを全て抑えても10枚で10万円からの撮影が可能です。

動画はクラウドファンディングでは特に費用がかかるアイテムで、一般的に撮影がない動画でも、作成に100万円近くかかることも珍しくありません。しかしこれも、モデル代込みで40万円以下のご予算で制作することも可能です。クラウドファンディングに特化して撮影を行うことで、低予算且つ質の高い動画作成が可能です。

​I&S撮影スタジオ

クラウドファンディングに特化した写真、動画の撮影を専門としており、クラウドファンディングサイトCAMPFIREで、国内クラウドファンディングの財布カテゴリとしては最高額となる4400万円を更新した「Tenuis3」プロジェクトの写真・動画・文章全ての作成を担当しています。(2019年10月)バックパック、財布、サーモボトルやカトラリーなど幅広いクラウドファンディングでの写真・動画撮影の経験があり、多様な商材への対応が可能です。
ライフハッカー[日本版]、ギズモード・ジャパンといったクラウドファンディング商品を取り上げるメディアでも記事執筆、写真提供も行っており、メディアで取り上げられやすいコンテンツ作りのお手伝いをいたします。

DSCF9607.jpg
With WordsDSCF4167.jpg
 

お見積もり・その他のお問い合わせ

ご興味をお持ちいただき、ありがとうございます。写真・動画撮影のご依頼やお見積もりなど、お気軽にお問い合わせください。

©2019 by I&S Production